海外旅行の格安航空券を最安値で買うときの注意点

どれだけ海外旅行を安く抑えることができるかどうかは、飛行機の航空券の値段に左右されると言っても過言ではありません。

そのため、格安航空券の価格の比較を、様々なインターネットのサイトで調べて、最安値のチケットを販売しているのがどこのサイトであるかを検索したことがある人は多いでしょう。

もちろん、航空チケットの値段は安いに越したことはないのですが、値段ばかりを見ていると、痛い目に遭う可能性があります。

この記事では、海外旅行の格安航空券を最安値で買うときの注意点を紹介しますので、格安チケットの購入を考えて人はぜひ読んで参考にしてみてください。

格安航空券には要注意!

航空券を買う上で注意すべきことに、航空券の種類があります。

多くの場合、価格の安い格安航空券を買うことを考える方が多いと思いますが、格安航空券には値段が安い分デメリットが潜んできます。

格安航空券の注意点を知るためには、まず「格安航空券とは何か?」を理解する必要があります。

航空券には、大きく分けて3種類のタイプのチケットがあります。

普通運賃PEX航空券格安航空券の3種類です。

PEX航空券のことも、格安航空券の一種として語られることが多いですが、厳密にはPEX航空券と、格安航空券は異なります。

PEX航空券と格安航空券の違い

PEX航空券:航空会社の正規割引航空券

格安航空券:旅行会社やツアー代理店等の割引航空券

航空券種PEX航空券格安航空券
料金設定航空会社旅行会社やツアー代理店
料金傾向早く購入するほど安い出発日間際でも安いものがある
発券期限原則予約後72時間以内航空券により異なる

PEX航空券と格安航空券では、どの会社が主体となって料金を設定しているかに大きな違いがあります。

融通の効かない格安航空券

格安航空券は値段が安い分融通が利かない条件が付随しているチケットが多いです。

例えばチケットを発券したら変更やキャンセルに料金が発生するということは、その筆頭です。

場合によってはチケット100%のキャンセル料が発生するようなこともあります。

一方で PEX航空券であれば万が一旅行の日程が変更になっても数千~数万円の費用で変更やキャンセルを行うことができるものが多いです。

旅行の日程が100%確定している場合に問題ないかもしれませんが、仕事や災害などの都合により突然旅行に行けなくなるという可能性はどうしてもゼロには出来ません。

そんなとき PEX航空券であれば、変更やキャンセルがしやすいですが、代金の戻ってこない格安航空券の場合は大きな痛手となります。

そこで、旅行の変更やキャンセルの可能性があると考えるには、安易に値段の安い格安航空券を選ぶのではなく、PEX航空券を検討するのも一つの手です。

航空券の購入方法

航空券の購入方法には主に三つの方法があります。

  • 航空会社からの直接購入
  • 店舗型旅行会社での購入
  • ネット旅行予約サイトでの購入

航空会社からの直接購入と店舗型旅行会社での購入は、ネット旅行予約サイトで購入するよりも高くなる傾向があります。

そこで少しでも費用を抑えたい場合はネット旅行予約サイトでの活用がポイントになります。

ネット旅行予約サイト

ネット旅行予約サイトは、インターネットの普及に伴い浸透した新しいカタチの航空券の購入方法です。

ネットがつながる環境さえあれば、いつでもどこでもフライトを検索することができる上に、料金が安いということで、近年急速に人気が上がっています。

しかも、その場で即予約をすることもできるので、店舗型旅行会社の営業時間にカウンターに行くことが出来ない忙しいサラリーマンや、店舗に行くのが面倒くさいと考える人や、旅行会社からのアドバイスを必要としない旅慣れた人々に人気があります。

しかし、ネット旅行予約サイトには、聞いたことのないような小規模でマイナーな旅行予約サイトも多くあり、注意が必要です。

安心して予約出来る大手ネット旅行予約サイト

楽天トラベル

海外格安航空券の24時間自動予約 イーツアー

関連記事一覧

error: Content is protected !!